« 時の終焉 チャレンジ | トップページ | 85以下最上位スペル&アーツ »

2014年9月29日 (月)

ミスティックの特徴

基本はオートアタックとデバフとヒールのみで、いいと思います。
そんなプリーストですが、ある程度、攻撃力も必要になる場合があります。
特にDPSコンテンツと言われる場面では、プリーストもそれなりの火力を求められたりするかも。
ヒールもキュアもして、火力も出せって?酷い話やよね~…

自分なりのミスティックの使い方をメモ。
字幕オンリーとなっております。見返して吐き気が…ご注意ください。

ミスティック(以下MST)は、ウォード主体のヒーラーですが、ウォードのキャストが遅くてたまりません。
歩きながらGrpウォードを張れるプレステージは必須です。

ヴラカエール以外のインスタンスでは、危ない時以外タンクへ単体ウォードを入れてません。
その代わり、他の人へウォードを張っておきます。(ウォード消費の順番に注意)
こうするとGrpウォードを無駄に消費することもなくなります。

ただ、ちょっと忙しいです。
これも時と場合で、単体ウォードをGrpメンバーへ常に回し続ける訳ではなく、危なそうなところでしっかり回せるかどうかになります。

特に超DPSがいて跳ね易い場合、その根本な人へ単体ウォードを入れておけば、タンクはGrpウォードでなんとか凌いでくれます。
タンクが貰うダメージ量と、他の人がもらうダメージ量はかなりの差になるので、タンク以外が被弾するとGrpウォードなど一瞬で消し飛びます。

キャストの長いGrpウォードを消費させずに、どれだけ持ちこたえさせるかになります。
タンクが危なくなったら、まずオベロンをキャストして単体ウォードやIHで回復させます。
それでも危ない場合、単体緊急ウォードでなんとかします。
ここで焦って、緊急Grpウォードやアンセストラル・チャネリングを続けて使うと、長く持ちこたえられません。

緊急Grpウォードが残っていて、アンセストラル・チャネリングも残ってる場合、先にアンセストラル・チャネリングを使って様子を見ます。
エンハンスなしで、2秒で3回の特大ヒールです。(SHMの超必殺技)
つまり使ったあとにGrpウォードを張れる余裕があるので、ここでチャネリングのリキャストクリアがくれば大儲けになります。
チャネリングを使ったあと、即緊急Grpウォードを使わないようにしたいです。
緊急Grpウォードを使った後の、チャネリングも同じです。

トーパーも、ほぼ跳ね易い人、または耐えられないかも?って人に使ってます。
どうしてもタンクが危ない場合はタンクへ。

アンセストラル・セントリーはタンクへ貼り付ける人が多いと思いますが、こいつはヘルスがさほどなく、ヒロイック以上の相手には1発分の弾除けにしかならないので、場合によってはタンク以外に使ってみてください。
開幕前に使うと、戦闘開始時に突っ込んでいってしまうので、開始後に使うのがポイントになります。
うまくいけばAE避けになります。更に余裕があるなら、セントリーにヒールを入れられます。

ルナ・アテンダントに、絶望してる人はいないでしょうか・・・
確かにソロやGrp程度では、雀の涙程度の効果しかありません。
しかしレイドになると、周囲の全員にHoTがかかるので、かなりのヒール量となります。
支援があると更にUP。
またタンクにとっては、これだけの回復でも非常に助かったりします。

MSTがヘルスを戻しにくいのは、こういうヘンテコ霊がいるからと思ってます。
上手く使えば、ヘルスを戻すのも言うほど苦には…まぁそれでもムリな時はありますが。
その辺は、他のプリーストも一長一短で同じなので、一概にMSTはヘルス戻しにくいから~と、諦めるのはちょっと勿体無いかも知れません。

この辺をしっかりやらないと、タンクやGrpメンバーを落としやすいので、難しいと感じた場合、DPS参加は最低限に抑えたほうがイイです。
DPSで貢献するより、他のDPSに弾けてもらったほうがスムーズに進むと思います。

MSTはスペルアーツ化ができるので、オートアタックは近接武器との相性がいいです。
シャーマンAA敏捷性ライン下のスピリチュアル・リーダーシップは、近接攻撃ヒット時と自分が相手をKillした場合、ダメージを受けた場合に一定確率で発動するので、1番効率がいいのは近接攻撃ヒット時になります。
遠隔攻撃は発動条件から外れてしまいます。

スペルとアーツが混ざる部分と、ラグでオートアタックが潰れ易いですが、それでもワンド攻撃より近接武器を選ぶのは、SHMとMSTのAAに近接攻撃力が高くなるものがあるからです。

              ~~~~~~<余談>~~~~~~
メレーオートアタックが潰れ易い原因。
ワンドの場合、スペルやアーツより先に発射しますが、メレーはスペルやアーツの後に発動してるようです。このため、スペルでラグると続けざまにスペルが発動されてしまい、結果オートアタックが潰れます。
勝手に近接武器の、振りかぶりタイムと呼んでますw
             ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シャーマンAAの敏捷性ラインの2番目で、オートアタック係数が増えます。
これは係数ですので武器ダメージボーナスではありません。
この係数を基本に、武器ダメージボーナスや平均秒間ダメージなどが乗ってくるので、0.032UP??なにそれ?と思わないでください。
しかも近接武器のみの係数に影響するので、遠隔武器攻撃の場合ここへ振ると大損こきます。

            ~~~~~~<余談その2>~~~~~~~
プリースト中、近接攻撃で1番高火力となるのはWDNです。WDNの本気はえぐいです。FRYもえげつない方いますね…ドルイド怖い。
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このAAに加えて、シャドウズAAのリタニーコンバットを取り、武器ダメージボーナスUPのバフを入れます。
注意したいのは、リタニーコンバットは攻撃スタンスのみでしか効果が無いことです。
シャドウズAA1番下の右端2つは、左が攻撃スタンスで、右がヒールスタンスになってます。
リタニーコンバットを取ったAAなら、ヒールスタンスは無駄になります。
ヒールスタンスにするなら、リタニーコンバットにポイントを振ると損するということになります。

同じくシャドウズAAのシャーマンラインの、左から6番目イシリアル・ウェポンリーで武器ダメージボーナスをUPさせます。
装備は、武器ダメージボーナスとCBとポテンシー付きの、SoS産「その名にし負う(フェイブルド)」シリーズと、クロークと腰はフラーリィと武器スキルの付いたものがオススメです。
武器攻撃にポテンシーやAmodは乗りませんが、CBは乗ります。
ポテンシーは必要ですが、CBと要相談になります。
これでオートアタック分はとりあえず完成。

但し、ヘルスが非常に低くなるので、死ににくい手段を考えるのと、ソロ時で最低でもヘルスが280K(一部を除くToVインスタンス時点)になるようなバランスを。
あとはコンテンツ次第で装備を変更します。

スペルダメージで1番稼げるのはアヴェンジング・アンセスターになります。
大量の雑魚戦で、これを使えば効果はわかるかと。
6体しかヒットしないの?とか思わないように。かかった相手は周囲へ病気を撒き散らします。
これがダブルキャストになると非常においしいのですが、リタニーコンバットは武器ダメージボーナスのバフにするため、ダブルキャストはなかなか出にくいです。
自分の場合、肩にダブルキャストの紫アドンを入れてますが、フラーリィが欲しいって人はお好みで。

SHMは病気ダメージが主体になるので、ノキシャスデバフやノキシャス属性スペルダメージ増のAAも有効です。

プレステージですが、左がヒールラインで右が攻撃ラインと、見ただけならそう感じると思います。
しかし残念ながら、Grp以上では右より左のほうがDPSは稼ぎ易いです。
ヒールやキュアを全くしないという条件なら、もしかすると右ラインのほうが高い数値を出せるかもしれませんが、そんな訳にはいきません。

左ラインで稼ぐポイントは、パスト・ヴェンジャンスになります。
これは6秒間、Grpメンバー全てのダメージに魔法ダメージProcが発動して、全て自分のDPSになるという、詐欺師みたいな・・・イヤ、詐欺スペルです。
アンセストラル・サポート本来の、Grpメンバーが効果時間内に発生させたダメージ量に応じて、個人へウォードを張るという効果と重なり、攻守兼ね備えた強力なスペルになります。

3ポイント振ると発動が100%になるので、漏れがない状態にしておきたいです。
Grpメンバーのダメージなので、Grpメンバー(自分も含めて)がダメージを発生させないことには発動しません。
攻撃が好きなメンバーばかりと、そうでない場合との差が結構ありますのでご注意ください。
攻撃に集中したい6秒間は無防備になりやすいので、ヘルプフル・スピリッツへ1ポイント振って保険をかけてます。

攻撃的なAAになりすぎて、装備まで攻撃寄りにしてしまうので、どうしてもヒール不足になりがちです。
危ないときの対処法が3手くらいあると、かなり楽になるので、不安な場合はボルスターでオベロンのリキャストクリアが来るようにすると、助かる感じになります。
場所次第でちょっとしたAAや装備品の変更ができると、ヒールも問題なくDPSも出せると思います。
あくまでもプリーストという立場をお忘れなく。ヒールもして火力も出すということは、ヘイト上昇値もそれだけ高くなるということなので、対処法を用意しないと、とても痛い目にあいます。

あまりに壊滅を繰り返すようなら、AAと装備を変更して、純正ヒーラーに戻ることをおすすめします。
オートアタックを遠隔に変えたときのヒールやDPSの出し方など、細かく突き詰めれば、ヒールスタンスでアヴェンジング・アンセスターがなくても、ある程度DPSは出せると思います。
この状況になる時はエンドコンテンツ系となるので、本来のクラス性能を問われる気がしてます。
装備品でSoS産は1か2箇所くらい、場合によっては0になってしまうことも多くなり、この状態で上のようなDPSも出そうとすると、かなり良品のアクセサリーと武器防具で身を固めることになるかと。
自分の持っている装備品と相談になるので、単純にこれといったものはありませんが、ポテンシーとAmodとの兼ね合いなどを考えて、無駄にならない感じに調整するとエエかも知れまへん。

結論:ワンコが死ぬと天かす並み。スピリット・タップは最後の奥の手。

以上、勘違いやら思い込みやら何やらあると思いますので、鵜呑みアカン絶対。

|

« 時の終焉 チャレンジ | トップページ | 85以下最上位スペル&アーツ »

コメント

昨日は、お忙しい時にありがとうございました。
記事すごく参考になります
DPSを出すべく、頑張ってみようと思います
また、いろいろ教えて下さいm(_ _)m

投稿: Thetisu | 2014年9月29日 (月) 19時58分

もうすぐ拡張が来るので、また色々変わってしまうと思います。
すでに鞄の中パンパンなところへ次の拡張が来るかと思うと…たまりません。

投稿: 泡盛 | 2014年9月30日 (火) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17371/57520884

この記事へのトラックバック一覧です: ミスティックの特徴:

« 時の終焉 チャレンジ | トップページ | 85以下最上位スペル&アーツ »