« 続々・紅の館 | トップページ | ハイホールド(無印)Boss戦 »

2015年2月 3日 (火)

貫通されまくりのAoM

盾のプロテクションレートがどうのこうの・・・ではありまへんでした。
AoMのヒロイック以上のMobのほとんどに、最低でも50の貫通が設定されてるようです。

ブロック(他、反撃や受け流し)を貫通される確率が高くなってしまったので、盾の信頼度(ブロック系全部)がかなり下がってしまったんじゃないでしょうか。
貫通対象外は回避(逸らし)のみのはず。

GRDの場合、ディフェンシブ・マインデッド(プレステージ左取得時)とブロックの回避アーツは、貫通無効化が付いているため、盾+ブロック装備との相性は抜群なんですが、貫通とDoTによる高い被ダメージが当たり前になったAoMでは、他のストーンスキン系の回避アーツがすぐに消費されてしまい、棒立ち状態になる率が高く、ブロック率アーマーよりも軽減力アーマーに重点をおく方向になってるようです。
もうブロック率装備は、アクセサリーだけでエエのかも知れまへん…

相手からの攻撃を貫通されるログを見つけきれないので、実際どのくらい貫通されているのかは確認しきれてないのですが、AoMで設定されてる貫通の数値は、尋常ではないと思います。

DoTが当たり前になったことと、貫通が高く設定されているためなのか、雑魚Mobのオートアタックによる被ダメージは、ToVよりも低い感じがします。
加えてプリーストのヒール力も格段に上昇しているので、軽減力とダメージカットを上げて、プリーストのヒール力を信頼しなさいって趣旨なのかも。
ちゅーことで、盾持ってないファイターのが多いと思うので、ポテンシー切ってるプリーストの皆さんご注意ください。

|

« 続々・紅の館 | トップページ | ハイホールド(無印)Boss戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17371/58799150

この記事へのトラックバック一覧です: 貫通されまくりのAoM:

« 続々・紅の館 | トップページ | ハイホールド(無印)Boss戦 »