« 第34回 フェブラリーステークス(結果) | トップページ | けものフレンズ »

2017年2月26日 (日)

ジャパリパーク

「けものフレンズ」というものが、プチ社会現象化しているらしい。

インフルエンサーとなったのは、今週のミクリさんで有名になった、あの星野源さんらしい。

ミュージシャンであり作家であり役者であるという、なんだその自称なら誰でもなれる浮遊感たっぷりな肩書きは!とツッコミたくなるものの、才能の塊のような方がオープニングソングを高く評価して人気に火が点いたそうな。

ニコニコ動画で第一話は無料で視聴できるので、気になる方は観て欲しい。

このOPソング、ハマリ要素たっぷりで、名曲と言われるのが初耳でもわかると思う。

ミュージカル的な要素が散りばめられ、ディズニー風でありながらもJ-POP感を残し、更にアニメソング独特の雰囲気も感じとることができる。

サビ→Aメロ→Bメロ→サビ→Cメロ→大サビというかなり詰め込まれている流れで、個人的に大好きな構成。

サビ→Cメロ→大サビの流れが病み付きになる。
そして、大サビのミュージカル感が半端無い。

こっそり作詞作曲者が、コーラスの3度ハモリ的な難しい部分を担当していたりと、細かい遊びも織り込まれている。

星野源が一日6,70回聞いてると言うのも頷けるかも。売れて当然なんちゃうかな。

アニメの方を見てみると、NHKですか?と思うような絵柄で、内容も1~3才向けの雰囲気が漂ってくる。
開始早々でブラウザバックしかけたが、余りに多いニコニコ動画の再生数とコメント数に思い止まり、しばらく我慢して観ることに。

コメントが嵐のように流れ、要所要所で入る濃いコメントに嫌気が差してきたが、それでも流しながら観る。

正直、このアニメやばいです。
こんなカタルシスの表現の方法があるのかと……

原作は何なのかようわからんのですが、ゲームアプリが存在していたらしく、アプリはもうサービス終了しているとか。

そんな不人気なものをアニメ化するとは、どういう経路を辿ってきたのか首を捻るばかりではあるけれど、もしやこれがストーリーの骨格になってるかも知れないという不思議な感じになっている。

漫画は未だに連載されていて、無料で読める部分を少し見てみたが、アニメのストーリーとは少し違う感じだった。

ジュラシックパーク的なテーマパーク作りに失敗したような世界へ、一人の記憶喪失の少女が現れるところから始まり、アニメの持つ超緩い(IQが下がるとか言われてる)雰囲気から、絶望感を一切感じることなく、かといってワクワクすることもなく、ただただチャンネルを変えたくなるようなシーンが続いていく。

自分はニコニコ動画のコメントが無ければ、すぐにブラウザバックしていたと思う。

しかし、これを我慢して得られるカタルシスは、今までに無いくらい異質なものなので、興味がある方は頑張って耐えて見続けて、何話か見たあとに、再度1話へ戻ってみるのがおすすめ。
面白いコメントが多くて、腹筋を痛めるかも知れない。

そして、その記憶喪失の少女が何者であるかを調べるための冒険が始まり、その過程で徐々に謎が明かされてそして増えて行く、非常に上手い構成。
それを視聴者に勿体ぶらずに進むテンポのよさと、勝手な推理や連想が一人歩きできるような含みの持たせ方。

IQの低いものを見させて楽しませるのって、かなり大変なこととちゃうんかな……

現在7話まで配信されています。TVではこれが深夜という、似つかわしくない時間帯に放送されているそうなw

未だ謎に包まれてる中、考察する人達が溢れていて、その内容が色々とやばい。
目にハイライトがあるか無いかで、絶滅種かそうでないかの差別化がされているという部分に「素」で気がついた人、ちょっと変態すぎやしませんか。

OPやEDの歌の歌詞や背景から予想する人とか、なんか無駄にIQ高いフレンズ多過ぎ。

そんな「けものフレンズ」の背景設定を知って最初に、

あ、これゲームアプリ内に放り込まれた主人公じゃないの?と思った。

いやいや、よくある異世界召喚ものではなくて、ただ単に「けものフレンズ」のゲームをやってるだけの状態を、外の人は見せずにゲームを進めているだけではないのかと。

以前のゲームがどんなものか知らんけど、サービス終了という異変(異変やないけどなw)が起こってしまうと、当然プレイヤーは居なくなってデータだけの世界が残る訳で、折角汗水垂らして作ったプログラムを諦めきれず、リニューアルして再度ゲームを世に広めようとかいう、制作者側の願望を叶える内容だったりして。

そして、この社会現象が完全に巻き起これば、本当にその願望が実現して再度ゲーム化されることになってウハウハ――とか……

そう考えると一気に覚めてしまうし夢もないので、そうでないことを願いたい。

多数の動物キャラクターが出てくるこのアニメ、コレだけ人気が出たらグッズの販売効果は、考えただけでもヨダレが止まらないんとちゃうやろか。
すごい成績を叩き出しそうな予感がする。

しかし、こんなのが流行るということは、日本の社会が甚大なストレスを抱えていることの象徴っちゅうことやろね~。

|

« 第34回 フェブラリーステークス(結果) | トップページ | けものフレンズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17371/69735284

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパリパーク:

« 第34回 フェブラリーステークス(結果) | トップページ | けものフレンズ »