« 第69回 朝日杯フューチュリティステークス (結果) | トップページ | 第62回 有馬記念 (結果) »

2017年12月24日 (日)

第62回 有馬記念 (予想)

今年の漢字は「北」でした。

昨年は「金」。
結果はサトノダイヤモンドということで、金は金でも金剛石という具合に、紐付けが完成した感じ。
今年はどうなるでしょうか。
「北」繋がりとなると、真っ先に上がるのがキタサンブラックで、この馬、このレースで引退です。
毎年、今年の漢字で決まるというのは考えにくいですが、他に何か紐付けになりそうな名前が、自分の頭では浮かびません…なんかあったかな…
ということで、いつものように開催数と開催日、そして今年最後のC.ルメール&M.デムーロコンビで〆たいと思います。

都合よく、1枠2番にキタサンブラックがいらっしゃいますw

ということで、
1枠2番 キタサンブラック 牡5 57 武  豊 1人気
↓↓↓
1枠1番 ヤマカツエース 牡5 57 池添謙一 6人気
2枠4番 ブレスジャーニー 牡3 55 三浦皇成 11人気
3枠6番 サトノクロニクル 牡3 55 戸崎圭太 12人気
6枠12番 サトノクラウン 牡5 57 R.ムーア 4人気

2枠3番 クイーンズリング 牝5 55 C.ルメール 8人気
7枠14番 スワーヴリチャード 牡3 55 M.デムーロ 2人気
1年締めくくりのレースなので、ちょっとだけ予想データっぽいのを載せてみたいと思います。
62回を迎える有馬記念ですが、1度も1着や2着という連に絡んでいない馬番があります。
それは「16番」
自分の拾い間違いがなければ、連どころか3着にも絡んでいません。
更に付け加えるなら、第60回で4着になるまで、5着にすら入賞してませんw
(間違いでなければ…)
今年の16番は、2年前の有馬でM.デムーロさん騎乗で2着にぶっこんできた、サウンズオブアースとなっとります。
今年はC.デムーロさんですが、この16番は今回も厳しいような気がします。

外枠不利、内枠有利と言われている有馬記念ですが、1番と3番はかなりの連対率を誇り、次点で2番6番が上位となっています。

しかしその内枠でも、連対率が低い番号があります。
それは「5番」

それでも全くダメー、という訳ではないのでご注意ください。
そして外枠は全くダメかというと、そうでもなくて、13番までなら上記の上位内枠番号以外はほぼ差がないようなレベルです。
14番から下はガクっと下がるのですが、今年の14番はあのM.デムーロさんで2番人気です。
2番人気なので、美味しくない上にデータ的にもあまり美味しくないという感じですが、キタサンブラックをどうしても避けたいというなら、デムーロさんに賭けるのも面白そう。
人気データ的には、1番人気が圧倒的な連対率を誇ります。
50%超えているはず。
2、3番人気はどちらも30%前後で、それほど開きはありません。
4番人気も20%以上の連対率となっていて、人気は大体順位を表しているような結果となっているようです。
下位人気で注目したいのが、13と14番人気です。この2つの人気は8%ほどの連対率となっていて、1番人気が連帯してるのに、いつも少し荒れ気味な有馬記念という印象があるのは、これが理由かも知れません。

そして人気順では16番が、第58回で5着に1度だけ入っただけで、他はすべて惨敗という結果になっています。
馬番でも人気でも16番目は、過去1度も連帯が無いということになります。

こんな感じなので、「北」のキタサンブラックが連帯する確率は極めて高いです。

素直にキタサンブラックから広く流して、人気低めや外枠でも連対率が良さそうな番号を選んでみるというのもありなんではないでしょかね~。
各数字は個人的な調べ方によるものなので、正確ではないことがあります。
間違いがあっても、責任は取れませんのでご了承ください。

|

« 第69回 朝日杯フューチュリティステークス (結果) | トップページ | 第62回 有馬記念 (結果) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第69回 朝日杯フューチュリティステークス (結果) | トップページ | 第62回 有馬記念 (結果) »