お試しパラディン

パラディンがどんな感じなのか、お試しキャラでAAを見てみました。
AEの多さ、ヒーリング、最大HP増、受取ヒール増が特徴と思われます。
加えて無敵(全ての攻撃)モードも充実。
パッと見だけで、MT担当という扱いを受けてもしょうがないかも知れません。

二刀流が出来ないので、片手剣と盾か両手武器の2択になります。
でも…クルセイダーの両手武器選択はアカンと思います。
武器ダメージで稼ぐタイプでは無いはずです。
AoMで盾のプロテクションレートが下がり、Mobに高い貫通や命中が設定されているとしても、盾なしクルセイダーは鬼門です。
盾を持った状態がシンプルに防御面で優れいるのは言うまでもなく、攻撃もオートアタックに頼ることのない組み合わせを考えるほうが簡単なはずです。

個人的主観で、AAを割り振ってみました。
全てレベル90時点の数値ですので、ご注意ください。
お試しなので280しかありません。足らない分は小分けにして、振れない箇所はマークして付け足して、合計350にしています。

注意!
キャラクターで戦闘すらしてません!試してないので信憑性は皆無です。あしからず。

ではクルセイダーAAから

Eq2_002223
スターター
:コンセンター:ランク1:
 ヘルスが50%以下のとき、術者の集中力スキルが大幅にアップする。
 ヘルス50%以下で集中力が60上がって、何か得なことがあるのかわからないんですが、クルセイダーってワンドでも持てるんでしょうか…
 単に、インタラプトされにくくなるってことなんかな?

筋力ライン
:スウィフト・アタック:ランク7:
 CA単体メレーダメージ。術者の攻撃速度が20秒間30.5UP。
 7ポイントから8ポイントへの上昇値が良くないので、7ポイント止め。
 持続時間よりリキャストが早くなるので、戦闘中数値分のヘイスト持続が可能。
 非常にお得と思います。
 何がお得かといえば、通常時のヘイストの数値が170で済むことです。
 武器ダメージに頼りにくいクルセイダーなので、ヘイストソフトキャップ超えによるフラーリィを、ほぼ捨ててしまえるはずです。
 リフォージで無理に数値を上げずに済む部分は、長所であると思います。
 リフォージで他に上げる項目がない場合は、ヘイストに振っていけばエエのではないかと。

:アヴェンジャー・リレントレスネス:ランク0:
 10ポイントでDPS17.6UP
 DPSが弱い感じの場合、ここへ振ると少しましかも程度。
 ポイントの割りに、上昇値が悪い。

:アイドリック・アックス:ランク0:

 獲得ヘイト増加。
 1ポイントで1UP。上昇率は悪いが、上へ10振るならこちらへ振ったほうが、キープ力的には安心かも知れない。

:アヴェンジ・インヴィゴレーション:ランク0:
 再使用速度10%、リカバリー速度25%、詠唱速度33%上昇
 再使用速度に不満が残るが、上げにくいステータスなので取りたいAA。

敏捷性ライン
:ジャウスト:ランク1:
 CA単体メレーダメージ
 ターゲット前へテレポート可能。しかし15メートルと貧弱。
 馬上から実行で追加ダメージ発生と書いてるが、追加ダメージの数値は書かれていない。インスタンスでマウント騎乗状態とみなされるのかも不明。
 使い方次第で、器用なことができる感じのするAA。

:トランプル:ランク10:
 オートアタックAEが40%UP。ファイターにとってオートアタックAEは必須なので、ここで40%稼いでおけばかなり楽になります。
 AE装備やウォールーン、紫アドーンで100以上キープできるようなら、ここを削れると思います。

:ハイアー・グラウンド:ランク3:
 防御スキルが1ランクで2.2上昇。
 近接攻撃ヒット時、1ランク1%の確率で、術者にソリッド・サドルをキャスト。持続4秒。
  ・インタラプトされないようになる
 クルセイダーのスペルが、移動でインタラプトされるものが多いのかどうかがわからないので何ともいえませんが、10ランクでも10%という低確率は、使いにくいような印象を受けます。
注)スペル系が多いので、技能の邪魔でインタラプトされることがあるはずです。
  防御アビリティがスペル系の場合、キャストスピード次第で、攻撃によるインタラプトが発生することも考えられます。
 そのためのスターター性能なのかと思います。

:ランス:ランク0:
 スネア&DoT付きメレーダメージPBAE 範囲7.5メートル
 他にもPBAEが大量にあるので、取らなくても問題無さそう。
 ただし、カイトするタイプなら重要。

スタミナライン
:ハンマーグラウンド:ランク2:
 スタン付きメレーダメージPBAE 範囲7.5メートル
 基本ダメージが小さいため、10ポイント割くのは勿体無い気もします。
 2ポイントにしておいて、下のクリティカルに振るほうがお得かも知れません。

:ファーヴァ・オブ・フェイス:ランク10:
 クリティカル率上昇。ランク1は2.3、その後1ランク毎に2.2UP
 クリティカルが900程度なら、ここで調整を検討するのも良さそう。

:セントリー・ブルワーク:ランク10:
 最大ヘルスアップ(パッシブ)
 10ランクで5%と少ない上昇値ですが、背に腹ですね。

:ディバイン・オーラ:ランク1:
 10秒間全てのダメージをカット。但し、最大ヘルスの50%より小さいダメージのみ。
 セントリー・オーラで持続時間が伸ばせます。
 ほぼ無敵状態を作れるため、タンクなら必須AAと思われます。
 最大ヘルスの50%より小さいダメージ限定みたいなので、最大ヘルスは上げられるだけ上げておきたいです。

英知ライン
:コンバット・リーダーシップ:ランク0:
 グループの攻撃か呪文がヒットした時、ダメージprocを1回付与する。持続1分。
 良さそうに見えるんですが・・・これ罠と思います。
 だってトリガー1回ですもん。
 再使用速度も遅いので、持続が1分あったところでグループで1トリガー(全員1回ずつ)では、お話になりません。実際、発動もおそまつなことになっているので、1トリガーは誤植ではないと思います。

:バトル・リーダーシップ:ランク0:
 グループバフ、キャンセルされるまで有効。範囲50メートル。
 メレーと呪文スキルを上昇させる永続バフ。
 ランク1で5.4UP。10ポイント振っても54なので、イマイチ感が残ります。

:オーラ・オブ・リーダーシップ:ランク0:
 グループに永続的な小ウォードを与えるバフ。範囲50メートル。
 ランク1で162軽減。
 ポテンシーの影響で数値が上昇したとしても、あまり期待できるような気がしません。
 単純に考えるとヘルス増です。ですが、ヒーラーがいる場合これに頼らないと進めないようでは、少し問題があるような気がします。

:フィアレス・モラール:ランク0:
 グループのポテンシーを2%上昇させ、術者がフィアーの効果を受け付けなくなる。
 グループにフィアーレジスト効果があるなら…
 術者フィアー不能は、時と場合でとても役に立つ効果ですが、ほとんどの場合必要ありません。
 MT個人で、フィアーを完全にレジストしないとクリアできない、というようなコンテンツなんて作らないと思います。フィアーで大変な場合でも、他のアイテムやクラスのスペルなどを使って、効果を防げるように作られてるはずです。
 どうしても…という場合のために、フィアー専用のAAを組んでおくと楽になるとは思います。

この英知ラインは、罠ラインと思ってます。

知性ライン
:リージョネア・スマイト:ランク2:
 単体魔法ダメージ。距離30メートル。
 来ました、遠距離スペルダメージ。
 クルセイダーなので、スペル系のダメージを伸ばしたいところですが、下の2つと比べると重要度が下がってしまうので、最小限の2ポイントになるかと思います。

:リージョネア・ラス:ランク10:
 スペル系のダメージが「筋力」の12%上昇。
 「筋力」と書いてます…英語表記でもStrengthとなってますが、実際のところどうなのかは面倒なので調べてません。
 
 筋力基準の場合、低ダメージスペルは、かなり底上げされるはずです。
 スペルの基本ダメージが基準の場合、中ダメージ以上のスペルに影響が大きく出ると思います。
 どちらにせよ、ダメージUPに繋がるので、10ポイント振り切っておいても損はないかと。

:リージョネア・マーシー:ランク10:
 受取ヒールが2.5%(ウォードに適用なし)、全てのスペルダメージ耐性が2045上昇。
 タンク的には、かなり有力なパッシブスペルになると思います。

:レジオネア・コンヴィクション:ランク1:
 全ての魔法ダメージ(たぶんエレ・ノキ・アーケ全て。トラウマも入るかも)を40%カットし、カットしたダメージの200%を反射する。持続時間20秒。
 ただし、フェイス(プレステージ左ライン)と同時に発動不可。
 スペルダメージに対して、かなり有効な防御兼攻撃スペルと思います。
 タンクなら取るべし。

センティネル・フェイトライン
:アヴェンジング・ヘイトリッド:ランク1:
 ランク1でリカバリー速度が7上昇
 もし、アヴェンジ・インヴィゴレーションで25上昇させていれば、それで十分と思います。

:キャバリエ騎士の叫び:ランク2:
 対エンカウンター用スレット上昇永続バフ。
 ただし1分あたり2.4トリガー。
 分あたり何回のトリガータイプなので、信頼度に欠けます。トリガー率は良い方ですが、これはお守り代わりと割り切るのがいいのかもしれません。

:セントリー・オーラ:ランク8:
 ディバイン・オーラの持続時間を延ばすAAです。
 最大ランクまで上げたいところです。 

:ナイト・リーダーシップ:ランク0:
 フィアレス・モラールのポテンシーが上昇。
 ここを8ポイント振ることで、フィアレス・モラールの恩恵が少し感じられるかと。
 しかしそれでもポテンシーの合計は8です…

:リージョネア・フォーカス:ランク5:
 ダブルキャストが1ランクごとに0.5UP。最大で4上昇。
 リカバリーがもう少し欲しかったり、キープ力を上げたい感じなら、ここを削って調整になるかも。

:クルセイダーズ・フェイス:ランク2:
 どれだけヒールしたら気が済むのでしょうか…
 通常なら、このスペルがなくても凌げると思いますが、強烈な攻撃を長時間かわしにくいパラディンは、これが無いと耐え切れないことがあるようです、
 取得した場合、ヒロイックAAのエンハンス:クルセイダーズ・フェイスも、合わせて取りたいです。ダメージの一部が還元されるので、攻撃が命中しないと意味がありません。

感想
再使用100・詠唱速度100・リカバリー30・ヘイスト200・AE100、リフォージやアドーンや装備で、この数値にほぼ近い値までもっていける場合、筋力ラインと敏捷性ラインを切り捨て可能になります。
そうなると、英知ラインを取る余裕が出てきます。
トランプルを4ポイント(AE16%分)削れるだけでも、クルセイダーズ・フェイスを取得できるようになります。

AEを100近くまでもっていけると、敏捷性ラインはジャウストに1ポイントだけで済むことになります。

AoMのアーマー紫アドーンは、前腕と脚にAEを付け、肩にダブルキャストを付ければ、ダメージ呪印のボーナスで、AEが32.5になります。
おまけにダブルキャストとフラーリィが0.5ずつ増え、DPSが81も上昇します。
これにワイルドスイング(35)やスクリームオブバトル(22)を足せば89.5、あとはAEが付いたアクセサリーや武器盾遠隔を何箇所か選択すると、100も見えてくるのではないでしょうか。

とはいえ、ワイルドスイングやスクリームオブバトルがタンク向けのウォールーンで無いことは確かです。
2箇所を潰してしまうと、アストラルドミニオンとボルスター2種を、ほぼ外すことができないタンクは、他のウォールーンを選択することができなくなります。
相手によって色々な装備を持っている必要があるのは、間違いありません。
よってタンククラスは、他のクラスより考えることや所持品も多くなり、敬遠されることに繋がってると言えます。

ダメージの呪印は、DPSアドンでも増えるので、肩・前腕・脚に他のものを選択したい場合、他の箇所をDPSアドンで埋めて調整できるとボーナスを効率よく使うことができます。

例えば、肩にブロック率を入れたいのなら、前腕と脚にAEを付けて、頭へDPSを付ける等。
ただ、AoMではブロック率の効果が薄くなってしまったので、防御装備の場合でもブロック率は100もあれば十分過ぎるのではないかと思います。

敏捷性ラインのランス取得に走って、PBAEを一つ増やす選択肢もあります。
ランスがどれだけ高い効果なのかは不明ですが…

攻撃的なAAや防御的なAA、ハイブリッドなAAなど、色々作っておいて、アーマーや装備品も単体用やAE用などを用意しておけば、次第に安定度が増していくので、とりあえずは手持ちの装備品で検討してみてください。
そう考えながらドロップ品を見ていくと、これがあると楽になりそう・・・という感じで、装備品の選択肢も広がると思います。

パラディンAA
Eq2_002208
エンハンス:プレイヤー・オブ・ヒーリング
 プレイヤー・オブ・ヒーリングの再使用速度が1ランクで0.5秒向上。
 消費パワーが1ランクで3%減少。
 このタイプの再使用速度は、全て最大1/2までとなり、再使用速度が100の場合、完全に無駄になります。
 基本再使用速度が減少となっているもの以外は、再使用速度100であればポイントが無駄になるので注意です。
 パワーコストが向上するのは悪くはないと思いますが、枯渇する時はどんなに頑張っても枯渇してしまうので、このタイプにポイントを振るくらいなら、他へ振ったほうがお得と思います。

エンハンス:インターセプト
 これも同じく再使用速度は1/2までなので、回復が付いてますが、こんなのは雀の涙なので他を考えたほうがお得です。

エンハンス:ホーリー・サークル
 1ランクでダメージが5%UP。
 このタイプのPBAEは、ファイターチェインのトリガー系になるのと、グループヒールも付いているので、使用頻度は高いと考えられます。よく使うはずなので、5ポイント振り切ってしまっても問題ないと思います。

エンハンス:フェイス・ストライク
 フェイス・ストライクのヒール量が、1ランクで基本値の5%UP。
 基本が1.2%で、5ポイント振ると1.5%になります…おわかりですね。
 どうしても、後数%ヒールが足らない・・・というような厳しい局面の場合に、検討してみてください。

エンハンス:ホーリー・エイド
 ホーリー・エイドの消費パワーと、詠唱速度が向上します。
 この詠唱速度も、100であるなら無駄になります。

エンハンス:デモンストレーション・オブ・フェイス
 再使用速度は上に同じ。
 デモンストレーション・オブ・フェイスの対象を攻撃した敵の、アーケイン耐性値が低下する。
 少し使いにくいようなイメージですが、神聖ダメージが主軸のクルセイダーとしては、アーケイン耐性が下がるデバフが付くのは嬉しいと思います。
 ただし、10秒しか持続時間がありません。
 また、このスペルはウォードで、自分にも使用できるタイプですが、SHMのウォードですら即飛びするくらいのダメージが飛んでくるので、この程度のウォードは一瞬で消えてなくなると思います。
 リキャストは結構優れていますが、10秒というわけでもないので、これはポイント調整という感じがいいのかも知れません。

エンハンス:ディヴァイン・インスピレーション
 ディヴァイン・インスピレーションのトリガー率がアップ。
 1ランクで1%UP。
 ランク5で、2.2トリガーから2.7トリガーになります。
 グループバフで、オートアタックに神聖ダメージのプロックが付随するものです。
 対象がアンデッドの場合は、追加プロックが発動するので、優秀なグループバフと思います。

エンハンス:ライチャスネス
 ライチャスネスのアーケイン耐性低下効果が向上する。
 1ランクで8%UP。
 エンカウンター用のスレット上昇スペルに付随してる、アーケイン耐性低下効果が最大40%向上します。
 耐性低下バフなので、強化してもいいとは思います。

エンハンス:クルセイド
 クルセイドの英知スキル値が上昇。
 1ランクで10%UP
 グループバフなので、プリーストの底上げにとても貢献できます。
 これでプリーストにしっかりヒールして貰えると思えば、5ポイントも無駄とは思いません。

エンハンス:レイ・オン・ハンド
 再使用速度とパワー向上です。

レイド・アーマメント
 自分以外の単体にかけられる、物理軽減バフの代替アビリティで、レイドワイドになる代わりに、少量のダメージカット効果が消失。
 レイドメンバー(ファイター以外)のトラウマ耐性を上げられるのは、非常に優秀と思います。

エンハンス:ブレス・ウェポン
 ブレス・ウェポンのトリガー率が、1ランクで1%UP.
 1.6トリガーから、最大2.1トリガーになります。
 自分の近接攻撃ヒット時に発動する、ダメージプロック。

エンハンス:エンシェント・ラース
 エンシェント・ラースのダメージが1ランクで5%UP。

エンハンス:ドゥーム・ジャッジメント
 ドゥーム・ジャッジメントのダメージが1ランクで7%UP。

エンハンス:ブレス・オブ・パラディン
 自己バフのスタミナ上昇値が最大60%UP。

エンハンス:デヴァイト・サクラメント
 再使用速度と消費パワー向上。

エンハンス:エリクサー・オブ・リザシテーション
 エリクサー・オブ・リザシテーションの再使用速度と、再生量が向上。
 再使用速度はどうでもいいです。
 再生量の上昇が重要で、蘇生後のパワーの枯渇を招きにくくしてくれます。
 最大で15%上昇するので、合わせると28%のパワーを持った状態で、蘇生させることができます。

エンハンス:カスティゲイト
 カスティゲイトの再使用速度と効果範囲が1ランクで1メートル向上。
 術者のキュア付きPBAEで、キュアの回数分ダメージが追加されるスペルのようです。
 効果範囲が書いてないのですが、元が5メートルとしても最大10メートルになります。

エンハンス:コンセクレート
 コンセクレートの持続時間を減少させ、ティック発生を早めます。
 持続時間1分ティック3秒毎から、持続時間35秒ティック1.8秒毎になります。

エンハンス:ディクリー
 ディクリーのダメージが1ランクで5%向上。

エンハンス:シジル・オブ・ヒロイズム
 持続時間が最大5秒延長されます。
 元が15秒なので20秒になります。
 グループのヘイトスレットが、術者に転送される強力なヘイトキープスペル。

専門技能
アークヒール
 味方1名に最大ヘルス依存型のヒール。
 キャストが早く、最大ヘルス依存で回復するため優秀なヒールではあります…

キュア・スペル
 味方1名をキュア。
 再使用速度、キャストスピード共に優秀。
  ディスペル時にPBAEスレット発生。アークヒール取るならコレのがイイと思う。
 積極的にキュアすることで、キープ力が上がるので、ヒーラーのキュアに余り頼り過ぎるとよくないかも。
 ワイプ絡みのデバフキュアはコレを使うと、少し楽になりそう。
 他のスペルでも、キュアすることで、付いてるデバフの数分ダメージが発生するものがあったりと、パラディン独特のキープ力向上スペルになってると言えます。

スマイト・エビル
 効果範囲7.5メートルの神聖大ダメージPBAE。
 とるよね?

ブロッキング・マスタリー
 ブロック率が24%上昇。
 1ポイントで24%のブロック率が稼げるのはデカいです。
 ただし盾を持たないと、ブロック発動率自体が0なので、これに振った場合は盾持ちスタイルで。

センティネルの運命
償いのキック
 ペニテント・キック系の基本ダメージが上昇。
 DPS向けですが、完全な攻撃スタイルの場合でも、取らないほうがいいと思います。

ライチャス・アベンジャー
 ライチャスネスの脅威量が上昇。
 ポテンシー重視にしていれば、これに振らなくても問題ないと思います。

デバフト・フェイズ
 デモンストレーション・オブ・フェイスのウォード量が向上。
 最大20%上昇します。取るべし!

ベアラー・オブ・ディヴィニティ
 ディバイン・フェイバーのペナルティ減少。
 5ランクで窒息とデイズのペナルティが100%減少するので、確実に5ポイント振り切りですね。

ヒロイックなリーダーシップ
 シジル・オブ・ヒロイズムの再使用速度が向上…キャップ届いてれば意味ありません。

ヘレティック・ディストラクション
 レイド全体のポテンシーとCBが、各15ずつ上がる一時バフのはずです。
 持続時間10秒。30秒くらいあるとエエのにな~。

感想
再使用速度がキャップに届きにくいレベルや、パワーが枯渇しやすい間は、有効なエンハンスが多いです。
ほとんどキャップに届く感じになるレベル95以降は、再使用速度系のエンハンスは切り捨てて考えたほうが無難かも。
ただ、レベル100でも装備的に再使用速度は上げにくいステータスなので、再使用速度が付いたポテンシー&CBアーマーを数箇所装備して補う手もあります。

レイド・アーマメントはレイドでは強力なバフになると思います。グループの場合、単体に使用できるプレッジ・オブ・アーマメントのほうが、使えるかも知れません。

シャドウズAA
Eq2_002209
全般ラインは割愛します。

ファイターライン
攻撃スタンスが、現在どうしようもないので、防御スタンスの強化がメインです。
リポスト・マスタリーは反撃ダメージが増加するのですが、反撃は出にくいうえに、貫通される要素でもあります。
バトル・ハードニングは、軽減力が上がるものではありません。
単に数値分をダメージカットしてくれるものと思います。隠しステータスなので、どこにも表示されません。5ポイントで288.75になります。小数点以下の数値が気になるんですが、何かで加算される要素を含んでるのかも知れません。
ただ、これにポイントを割いても何の実感も得られません…ホントよくわからない…

スニアリング・アサルトは、ポジ上げの少ないパラディンにとって、ありがたい存在と思います。

クルセイダーライン
ギャラントリー
 ヘイトスレットが上昇。ポテンシーがしっかりしてれば(してなくても)不要です。

キャヴァリエ・コール
 クルセイドの強化。スキル値UPとポテンシーが微量増加します。微量なので勿体無いと思います。

ナイト・スタンス
 盾を持った時だけ、片手武器の武器ダメージボーナスが上昇。
 ただ、この武器ダメージボーナスは隠しステータスで、ダメージレート上昇値を見て確認することができます。AoMパラディンプレステージのマインド・オブ・ウェポンには反映されてないと思います。

戦場の勇気
 ブレス・ウェポンのダメージが上昇。
 取りたいですが、ポイントが足らない…

キャバリエ騎士の叫び
 最大10%の確率で、技能を使用できない状態を無効化する。
 スタン・窒息・Mez・デイズ・フィアーをレジストできる確率です。
 これ取らない手はありません。

ファランクス
 ブロック率が上昇しますが、1ポイントで3%しか上がりません。
 パラディンAAで24%稼げてるので、ここでポイントを消費するのは勿体無いと思います。
 加えて盾の信頼度が、AoMでは下がってしまってるので…

オーラ・オブ・クルセイダー
 技能を使用できない状態でも使用できるのかどうか不明ですが、ディスペル後20秒の間、ディスペルしたエフェクトに無効化耐性が付くのが特徴。
 再使用最短30秒なので、持続させるのは無理があると思います。

パラディンライン
フォースト・フォロー
 再使用タイマー…

ホーリー・プレイヤー
 レイ・オン・ハンドのヒール量UP…

アライド・プレイヤー
 Grpインスタントヒールのヒール量UP…
 言ってしまえば、ヒーラーでもこれ系を取るクラスは少ないです。

ディヴァイン・エンパワーメント
 パワー・グリーブの基本ダメージ、クリティカル発生率、CBが上昇。
 このクリティカル発生率は、パワー・グリーブのみと思われます。
 ただ、取得しても表示すらされません…誤植か?

ブレスト・ウォーディング
 ブレス・オブ・パラディンに再生型ウォードを追加し、筋力とスタミナが上昇。
 再生型ウォードは微量です。5秒毎に再生されているような感じでした。
 筋力とスタミナが上昇するので、5ポイント振りおすすめ。

ナイト・カウンター
 貫通と、ブロックが反撃に変わるチャンスと、受け流しが反撃に変わるチャンスが上昇。
 ランク5で各10%上昇と微量ですが、ファイターの場合、貫通は欲しいステータスになるので取得おすすめです。
 ブロックが反撃に変わるチャンスは、珍しいと思います。
 注)反撃率が上昇するわけではありません。

ストーンウォール
 全ての近接攻撃を8秒間ブロック。
 EQ2の用語的にとらえると、近接攻撃というのはオートアタックとCAのことになります。
 スペルはブロック対象ではないので、スペル系のDDやAEは被弾するはずです。
 ただ、誤表記も多いので、オートアタックのみブロックかも知れません。
 このアビリティには、貫通無効化がついてるので、適用内のダメージタイプなら被弾することはありません。

フェイスフル・クライ
 単体への優秀なヘイトキープアビリティ。
 即時と4秒毎に大量のスレットが発生。
 再使用速度が早く、持続時間内に上書きできます。
 しかもDDやDoT、回復まで付いていて、単体キープがこれで剥げることは、ワイプ以外考えにくい気がします。

感想
 お願い盾持って~という、製作側からの悲痛な思いが込められてますね…

 ストーンウォールが8秒と短いような気がしますが、CAやスペルで解除されないのは使い易いと思います。
 盾装備時に限られるため、両手武器の場合は盾装備マクロに突っ込むしかないです。
 そうなると、戦闘中は2秒間武器類の持ち替えが不可能になるので、2秒は武器なしということになります。
 もう両手武器とか考えないほうがエエと、本気で思います。
 
 Mobのキープは、フェイスフル・クライが頼みの綱になるんじゃないでしょうか。

ヒロイックAA
Eq2_002226_2
アトリビュート・プラウアス
 プライマリステータス上昇でポテンシーやCBが伸びるAoMプレステージがあるので、余るようならココへ振りたいです。
 ただ、こっちへ振るなら、ドラゴンAAのストレングス・ウィズインのほうを優先させたい。

アビリティ・アプティテュード
 これにポイント割く余裕なんてあるわけない。

スピリット&ボディ
 最大ヘルスとパワーが上昇します。
 もし、最大ヘルスが多すぎるんじゃないか…なんて思った時にはアトリビュートへ振れそうです。

専門技能
 ポテンシー上昇。
 1ポイントで1%なので、AoMではポイント調整枠になってると思います。

クリティカル・ジーニアス
 CB上昇。
 専門技能と同じく、ポイント調整枠。

ライトニング・リフレックス
 再使用速度が上昇。
 装備で再使用速度が届かなければ、悲しいけどここで調整…
 十分な再使用速度が見込めるなら、他へポイントを回してください。

エンハンス:クルセイダーズ・フェイス
 クルセイダーズ・フェイスを取得したら、ここは最大まで取っておくべきかと思います。

エンハンス:オーラ・オブ・クルセイダー
 再使用速度…

コンフィデンス
 さ、再使用速度…

粘り強さ
 受け取りヒール上昇。(ウォード対象外)
 これは必須。

ソウルクレイム
 レイドワイドの永続バフ。
 レイドでデスブロー(対象MobをKill)すると、6%パワー回復、CBがクルセイダーの筋力3000に付き1UP。
 持続時間が45秒と長く、スタック可能なので、大量戦には効果絶大のはず。
 単体NMD相手には、お察しください。

マナウォール
 パワー回復手段があるなら、ラストカードに持ってこれる無敵アビリティ。
 持続時間が非常に短いうえに、15発という制限付き。
 1ダメージでも消費されるタイプのはずなので、大量の雑魚相手に使うと効果が薄いです。
 リキャスト長めですが、AE避けには持って来いです。

ゼラス・スマイト
 対エンカウンター用のGrpキュア付き打撃ダメージAE。
 説明を見る限り、技能が使えない状態でも使用可能なように読み取れます。
 リキャストも優秀。

感想
 ヒロイックAAには、飛び抜けた防御アビリティが無いですね…
 エンハンス:クルセイダーズ・フェイスの持続時間延長は、効果大と思います。
 SHMとの相性、あまり良くないかもですね…特にMSTとよく似たスペルを持ってるなーと。

ドラゴンAA
Eq2_002225

エリナークのエッセンスライン
 大量戦に有効なアウトナンバードや、ナレッジの再使用タイマーをクリアしてくれるイェリナーク・フォーカスが特徴。
 全てのダメージ耐性を低下させるものや、一定の確率でキュアしてくれるなど、あると嬉しいものが多いですが、ポイントが足らないので、限られた場合のみ使用するAAとして保存しておくのをおすすめします。

尊老のドラゴンスケイルライン
 最大ヘルス増、メインタウント2種による最大ヘルス増、死ぬ間際に6秒間最大50%ダメージカットしてくれるラスト・スタンド、防御スタンスで軽減力が上昇、最大ヘルスの25%回復と一時的なヘルス増(これ結構すごい)といった、防御ラインになってます。
 自己死亡保険が1回しかないPALなので、ラスト・スタンドはちょっと欲しい感じもしますが、最大でも50%カットなのでと茶を濁します。

ドラゴン・ロアーライン
エンシェント・フォーカス
 バフ系のアビリティ持続時間が伸びます。ランク10必須です。

テリファイ
 有効かもしれません…効果はイマイチ感があるやも…

ストレングス・オブ・マインド
 尊老のドラゴンスケイルラインを削れるなら、ここへ盛り込むのはどうでしょうか。
 シャドウズAAのキャバリエ騎士の叫びと、アストラルドミニオンとで、かなり高い効果が得られそうです。

インティミデーション
 10ポイントでスニアリング・アサルトが、より確実なものになります。

プロヴォケーション
 レジスト不可の2ポジ上げ。ポジ上げに泣くパラディンは、コレ取りますか…

ドラコニック・アグレッサー
フォワード・スタンス
 この位置にこれがあるのが腹立たしい。レックレス時には10ポイントおすすめ。

エンシェント・アドバンス
 メイン2種のタウントにダメージ付加。
 ポテンシーとAmodがモロなタウントに、威力の高いダメージが付きます。
 10ポイントおすすめ。

ストレングス・ウィズイン
 筋力値上昇。ヒロイックAAでプライマリーステータスを振るつもりなら、まずこちらから。

ユナイテッド・ストレングス
 回避力共有アビリティで、武器ダメージボーナスが上昇。
 パラディンの回避力共有アビリティってどれですか?
 最大で10の武器ダメージボーナスなので、ポイントが余るようなら是非。

アグレッサーズ・パワー
 10秒間CBが基本CBの20%上昇。
 基本CBなので、ガッツリ上がります。
 攻撃スタイルのときはおすすめ。

感想
ファイタークラスによって、取捨選択が分かれると思います。
結局、最大ヘルスで勝負するパラディンは、ヘルス関係を無視できないように思えます。
軽減力とヘルス量で、ヒール回復による耐久力勝負。

対象条件で、細かく割り振ると効果が高くなりそうなAAなので、何通りものAAを保存したくなりますね…

プレステージ
Eq2_002217
ストールワート・オーラ
Eq2_002316ヒールされた時に全属性ダメージを5%カット
ランク1:5%の確率で10秒持続。30秒おきに発生。
ランク2:7.5%の確率で10秒持続。20秒おきに発生。
ランク3:10%の確率で10秒間持続。10秒おきに発生。
発生条件のところが、翻訳ミスで数値は見えまてせんが、こんな感じかと。
ドラゴンAAのエンシェント・フォーカスが適応されて、持続時間は11秒まで伸びます。
最大で10%の確率ですが、11秒持続の間に色んなヒールが入るはずで、ランク3の時は、ほぼ常時5%ダメージをカットできるのではないかと思います。
発動時に、ペルソナウィンドウの軽減ステータスにカーソルを合わせるか、呪文ウィンドウで確認できます。

フェイスフル・プロテクション
Eq2_002317自身の単体ヒールの対象に、スタック可能な回避力強化エフェクトが発生。
お試しキャラなので確認できませんが、多分これがPALのメイン回避能力になるのかと思います。
そのため、条件に当てはまるヒールを、全て把握してください。
回避(dodge)は、ブロックや受け流しや反撃ではなく、完全なミスのことです。
これがコンテスト回避発生なのか、非コンテスト回避なのかはお試しなのでわかりませんが、非コンテストなら装備以外の非コンテスト回避になるので、かなり効果があると思われます。
AoMではMobに高い貫通と命中が付いてますが、盾とこの回避性能で、総合的な回避能力は高くなることと思います。
トリガー条件が単体ヒールを使うと必ず発生するタイプと見えるので、単体ヒール回しを考える必要が出てきます。
また、スタックが可能であるため、1回でどれだけ回避が上がるのかを確認し、被ダメージが多くなる時には、効果を最大までスタックさせるという使い方になると考えられます。

アービター・オブ・ジャスティス
Eq2_002318単体とエンカウンター対象の神聖ダメージスペル使用で、スタック可能なパラディンの近接ダメージ上昇エフェクトが発生。
これもどのスペルで発生するのか、近接ダメージとはオートアタックのみなのか、CAにも適用されているのかを、時間があれば調べてみてください。
さらにランク1~ランク3で、どれだけ差があるのかも把握できていると、DPS枠で参加の場合に効果大です。
クラス専用神聖ダメージ呪文とありますが、アイテムでスペルダメージを全て神聖属性にした場合はどうなのか、グループ内のパラディン全員に適用されるのか、そこまで調べられると完璧と思います。

フィールド・コマンダー
Eq2_002319おまけのようなGrpダメージProcですが、発生率が高いのでバカにはできません。
ただ、ランク1とランク3でも、トリガー率や回数に差が無いので、ランクはあまり重要視してません。
CAよりスペルが多いクルセイダーなら、ランクが上がると効果が高くなるかも知れません。
ですが、基本的におまけ程度と思っています。

左ライン
ディバイン・ナイト・アーマー
Eq2_002321デヴァウト・サクラメントで、術者にダメージ軽減エフェクトが発生。
ダメージ軽減エフェクトがダメージカットなのか、ウォードなのかを調べてください。

ホーリー・アラクリティ
Eq2_002322ランク2で、デヴァウト・サクラメントが10%の確率で再使用可能になる。
レイ・オン・ハンドが対象と術者にストーンスキンを1回付与するようになる。
対象と術者とあるので、メンバー1名を守りたい時に使えます。
自身に使った場合、ストーンスキンが1回なのか2回なのかを調べてください。
また、キャストが瞬時なレイ・オン・ハンドにストーンスキンが付くということは、タイミングを合わせることでAE避けとして使うことが可能です。

ディバイン・ウォール
Eq2_002324CB12につき、ポテンシーが1上昇。
ポテンシー基準ではないところが罠。CB優先で上げてしまうと、クルセイダー的にはよろしくないことになるはず。
かといって軽減やブロック率アーマーにはポテンシーが付いてないので、なかなか難しいところになると思います。
ポテンシーでCBが上がることになると、大きくバランスが崩れてしまい、クルセイダーが強力になりすぎてしまうのではないか、と考えられます。
ということは、ポテンシー重視型のクラスと言えるのかも知れません。

フェイス
Eq2_002325短時間無敵アビリティです。
3秒と短いですが、全てのダメージをカットし、かつ反射します。
リキャストは少し長いですが、AE避けナンバー1候補なのでは。

フェイス・オーラ
Eq2_002326フェイスに、グループのファイター以外のダメージをカットし、反射する効果を付与。
ランク1で8%、ランク3では24%
メンバーを守れる有効な手段になりますが、効果時間が短いので、グループメンバーを守れるかどうかは、使い手とタイミング次第。
そのため取捨選択が、悩ましいアチーブメントと思います。
ヘイトワイプ時に、味方を瞬間的に守るのには適してますが、即死級ダメージのAEなどに合わせても、100%カットできるわけではないので、まず守れないと思います。
特定の相手以外では、取得しない方が好ましいかも知れません。

フェイスフル・リタリエーション
Eq2_002327フェイス終了時に、グループメンバー全員に反射ダメージProcを3トリガー付与。
ランク1で30%、ランク3で90%のダメージを反射する。
ダメージが各メンバーのDPSになるため、ヘイトキープ的にはあまり嬉しくない気がします。
ただしダメージソースとしては、かなり優秀と思われます。

ディバイン・フェイス
Eq2_002330 Eq2_002331 Eq2_002333
フェイスのキャストスピードと、持続時間が向上。
ランク3では即時キャストになる。
即時キャストが特に有効になるはずです。

アンイールディング・フェイス
Eq2_002335シャドウズAAの最終ライン、ストーンウォールの持続時間が4秒延びる。
近接攻撃をシャットアウトできる、アビリティの持続時間延長はありがたいです。

中央ライン
ジーラス・ディフェンダー
Eq2_002337スタミナがランク1で100ずつ上昇。
ランク3で300増えます。
スタミナ1でヘルスが33UPしたはずなので、ヘルス増量に影響大。

ジーラス・パワー
Eq2_002339コンセクレートのパワーコストが削除され、使用中ティックごと(2秒)にパワーが回復し、パワーが無くなった場合でもコンセクレートが解除されなくなる。
コンセクレートは、周囲の敵に2秒ごとにダメージを与える長時間の一時バフで、ヘイトキープに有効になるものです。
パワーコスト無くなったうえに、ティックごとにパワーを回復してくれるという優れもの。
パワー枯渇を解消できて、ヘイトキープにも貢献できるため、取らないと損しまくりと思います。

右ライン
スマイト・インフィデル
Eq2_002341レイ・オン・ハンドに4回のダメージProcを付与。
ダメージ量などはお試しなのでわかりません…

ホーリー・ナイト・コンヴィクション
Eq2_002342低確率でレイ・オン・ハンドのリキャストをクリア。
ランク2で3%

ブリンガー・オブ・ジャスティス
Eq2_002343攻撃速度20で、CBが1上昇。
武器ダメージ依存にしたクルセイダーが、どれほどの効果を上げられるのかは、謎です。
攻撃速度でフラーリィは上昇しますが、両手武器や片手武器では、フラーリィの恩恵が二刀流の半分です。
シャドウズAAで盾持ち片手武器のダメージ上昇があったりするので、両手武器と片手武器で悩ましいことになりそう。

ディバイン・テリトリー
Eq2_002344ややこしい・・・
ディバイン・ジャスティスという、永続バフが貰えるのかな・・・
そのディバイン・ジャスティスを使っていると、スペルかCAで強化量が1攻撃で3上昇し、最大で60段階まで増加。
強化量発生時にディバイン・テリトリーを使用すると、トゥルー・テリトリーと範囲内の敵最大8体にダメージ。
さらにディバイン・ジャスティスの強化段階に応じたダメージが、最大40回発動。
ランクが上がると、トゥルー・テリトリーの部分が2ずつ強化されます。
このトゥルー・テリトリーも8段階まで強化される?
もしそうであるなら、再使用速度との絡みで、マルチアタックと攻撃速度は最低で6、最大で48確保されることになります。
ランクによる上昇値が、トゥルー・テリトリーの部分だけというのは、貧弱な気がします。
ちょっと使ってみないと、説明文だけではわかりにくい。

ディヴィニティ・インフュージョン
Eq2_002347ディバイン・ジャスティスの強化量がランクごとに1増加。最大3上昇。
この増加は1攻撃で得られる、強化量のことかと思います。
1攻撃で通常3ポイント増加のところ、最大で6ポイント増加するということかと。

フォー・ジャスティス
Eq2_002348スレット発生量がダメージ基準で増加する。
レックレス時は減少。
ランク1でダメージの0.08%、ランクごとに0.08%上昇し、最大で0.24%。
右ラインでもタンクができるようなら、攻撃力の関係上スレット上昇は特に必要ないと思います。
となると、レックレス時のヘイト調整用というのが強いイメージ。

オーラ・オブ・ジャスティス
Eq2_002351グループの最大ヘルスがディバイン・ジャスティスの強化段階依存で増加。
ランク1ごとに係数が0.07%ずつ上昇。ランク3で0.21%。

ハービンジャー・オブ・ジャスティス
Eq2_002352ディバイン・テリトリーの単体用。
トゥルー・テリトリーがランク3の状態になり、ダイレクトダメージが約3倍上昇。

感想
右ラインのイマイチ感が半端ない・・・ファイターなのでこんなものなのかも。
GRDの右ラインのイマイチ感も半端じゃありません・・・
使ってみないとわからないですけどね。
ストーンウォールの持続時間延長が必要なければ、フェイスとコンセクレート強化を取って、右ラインのレイ・オン・ハンドリキャストクリアの取得を検討できるかも。
タンク役となると、フェイスを捨てるのは、ちょっと考えにくいです。

プレステージ:パラディン
Eq2_002227
ホーリー・ウォーディング
Eq2_002353トラウマ系以外の属性ダメージを30%減少させる。
持続時間が10秒と長いのが特徴。
フェイスは別にしても、レジオネア・コンヴィクションと重ねて使用できるのなら、合わせて70%ものダメージをカットできます。
更に他でもダメージをカットできるものがある場合、そのほとんどをカットできてしまう、とてつもない防御アビリティです。
特に即死級のAE対策で、ヘルス増に加えてこのタイプを重ねて使えば、使い方次第でダメージを遮断できる感じがします。
通常時は、DoTやスペル系のダメージカットとして、有効な使い方が考えられます。

エンハンスド・ヴィガー
Eq2_002355最大ヘルスがCBとポテンシーの合計値基準で、ランクごとに0.16%上昇する。
最大8ランクまで。5ポイント取得で次のツリーを取得可能。

ガーデッド・アウェアネス
Eq2_002356ターゲットを受けてない状態で、近接オートアタックダメージを受けた場合、AEオートアタックダメージを5秒時間無効化する。
20秒に1度しかトリガーせず、7秒以内にアビリティを使わないと発動しない。
タンク時には使えないうえ、持続5秒しかないのに、20秒に1度しかトリガーしない超曲者。
狙った使い方が必要な場合のみ取得になるか、サブタンク時に、どうしても正面に立たなくてはならない場面専用かと。

インビューズド・サイト
Eq2_002358CBがランクごとに1上昇。最大8ランクまで。
5ポイントで次のツリーを取得可能。

アキュラシー・フロム・ストレングス
Eq2_002359CBがプライマリーステータス(ファイターなのでSTR)の0.8%分上昇する。
7秒以内にアビリティを使わないとエフェクトが維持できない。
例:STRが10000の時、CBが80UP。

アンディナイアブル・パワー
Eq2_002360ランク1ごとにポテンシーが1上昇。最大8ランク。
5ポイントで次のツリーを取得可能。

パワー・フロム・ソウル
Eq2_002361 ポテンシーが、プライマリーステータスの0.8%分上昇する。
7秒以内にアビリティを使わないとエフェクトが維持できない。
例:STRが10000の時、ポテンシーが80UP。

モディファイド・ストレング
Eq2_002362ランク1ごとにAmodが、プライマリーステータスの5%分上昇する。最大ランク8(40%)。
5ポイントで次のツリーを取得可能。
例:STRが10000の時、ランク8の場合4000UP。

ミスティカル・リダイレクション
Eq2_002364受けたスペルダメージの5%を回復。
7秒以内にアビリティを使用しないとエフェクトを維持できない。
ダメージカットではないので注意。

マインド・オブ・ウェポン
Eq2_002365ランクごとに武器・呪文武器ダメージボーナス基準で、ポテンシーが0.65%上昇する。最大ランク8(5.2%)
5ポイントで次のツリーを取得可能。
例:武器ダメージボーナス100の場合、ポテンシーが最大5.2%UP。

バイタリティ・トゥ・ストレングス
Eq2_002367武器・呪文武器ダメージボーナス値が、スタミナの0.3%分上昇する。
7秒以内にアビリティを使用しないと、エフェクトが維持できない。
例:スタミナが10000の場合、武器ダメージボーナスが30UP。

バイタル・トリガー
Eq2_002368対象に強力なダイレクトダメージと、自身のスタミナが250上昇。
強化1段階につきスタミナは25上昇し、3段階目で合計300UP。
対象が正面の場合、スレット量が術者の最大ヘルスの30%分上昇。正面以外の場合はスレットが減少。
強化1段階ごとに、ダメージとスレット量が増加。(増加量不明30%ずつ?)
自分以外のグループメンバーを、最大ヘルスの5%回復させる。強化1段階につき1.5%回復量が上昇する。最大8%?
4回使用するか持続時間が切れると、最大60秒(最小30秒)のリキャストタイムが発生する。
Max補正量4と書いているが、4回目使用時に補正量が適用されているかは未確認。
持続時間が15秒と比較的長いのにたいして、再使用速度が5秒と早い。
再使用速度は最小2.5秒になるため、ヘルスとスレット効果を最大限利用するには、使い方の工夫が必要に。
回復的な要素もあるが、ヒールとして使うには難あり。

ダイアモンド・フレッシュ
Eq2_002370全てのダメージを3秒間30%カットし、残りの持続時間は5%をカットする。
レジオネア・コンヴィクション(持続20秒)とホーリー・ウォーディング(持続10秒)と合わせて効果が発動するなら、AE避けとして使えます。
ただし、最大ダメージカットの持続時間は短いので、リカバリー速度が遅い場合や、ラグが酷い場合、キャストにタイミングを合わせるのは難しいかも知れません。
また、この組み合わせには、トラウマ系のスペルが対象外になっているものが混在するので、どんなAEやダメージも完全に遮断できるわけではありません。

感想
クルセイダーの場合、武器ダメージ系は捨てて、CBとポテンシーに加え、Amodかヘルスを上げた配分が良さそうに見えます。
バイタルトリガーのダメージは凄まじく、単体のヘイトキープには効果絶大になります。
スタミナ上昇も効果が高いので、状況によって持続時間の調整が鍵になります。

フォーカスエフェクト
Eq2_002214
上部の基本フォーカス5つは割愛します。スタン無効と戦闘中の移動速度上昇は鉄板です。
スネア効果のペナルティがあるようなスペルを持っている場合は、スネア効果減少も候補の一つに。

フォーカス:ジャッジメント
Eq2_002378ジャッジメントの基本ダメージが20%上昇する。

フォーカス:プレイヤー・オブ・ヒーリング
Eq2_002379プレイヤー・オブ・ヒーリングのヒール量が基本値の10%向上する。
あまり重要な項目ではないかも。削れる候補の一つとして考えられそう。

フォーカス:ディヴァイン・インスピレーション
Eq2_002380ディヴァイン・インスピレーションのトリガー率が6%向上する。
取得前:1分あたり平均2.1トリガー
取得後:1分あたり平均2.7トリガー
トリガー率の条件を詳しく知りたい方は、Wikiなどで調べてください。

フォーカス:エンシェント・ラース
Eq2_002382エンシェントラースのCBが12%向上する。
再使用タイマーが8秒向上しますが、基本再使用速度ではありません。

フォーカス:レイ・オン・ハンド
Eq2_002383持続時間が15秒増加する。30秒→45秒。
最大ヘルスと物理軽減力が向上するスペルになるので、持続時間延長は重要になります。
再使用速度も向上しますが、基本再使用速度ではありません。

フォーカス:アメンド
Eq2_002384アメンドに更に5%転送量追加。合計38%。ミシカルバフで更に上昇?
この5%が必要なのかどうか、非常に怪しい・・・

フォーカス:リフューザル・オブ・アトーンメント
リフューザル・オブ・アトーンメントのCBが15%上昇。
大ダメージスペルのため、取って損はないかと。
再使用速度が20秒短くなりますが、基本再使用速度ではありません。

フォーカス:エリクサー・オブ・リザシテーション
Eq2_002386エリクサー・オブ・リザシテーションの後遺症が消え、射程が10増えます。
取得後がこちら
Eq2_002390キャストスピードが2秒短縮されますが、基本詠唱速度ではありません。
後遺症なしで蘇生できるので、鉄板のはず。

フォーカス:シジル・オブ・ヒロイズム
Eq2_002391シジル・オブ・ヒロイズムに軽減力が追加。
取得後はこちら
Eq2_002392Grpヘイト転送に加えて、Grpの軽減力も上昇させるスペルに変化します。鉄板。

フォーカス:ディバイン・フェイバー
Eq2_002393ディバイン・フェイバーのヒール量が上昇。
取得後はこちら
Eq2_002394ヒール量が最大ヘルス15%分上昇します。
60%から75%と貧弱な気もします…
再使用速度も向上しますが、基本再使用速度ではありません。

感想
あまり有効でないものが数点見られますので、削って上部5つの取得も考えることができそうです。
CBとポテンシー上昇は、どちらも2ポイントしかUPしないので、あまり恩恵はありません。
この項目は取得してしまうと、アドバンスカウンセラーでしかやり直せなくなるので、頻繁に変えるタイプではありません。
取捨選択にご注意ください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


以上が、お試しで見た感じのパラディンになります。
魔法ダメージに強く、ヘイトワイプに弱いというのが特徴でしょうか。
ワイプに弱いというのも、工夫次第で切り抜けられる方法があるはずなので、ポジ上げだけに頼らずに他の方法を探してみるのが面白そう。
それが見つけられると、ドラゴンAAのポジ上げラインは、最上段のアビリティ持続時間延長10ポイントのみの消費で、抑えることが出来ると思います。
とにかく再使用速度と詠唱速度は、常時100近くまである状態にしてください。
戦闘時に詠唱速度が、常にいくらか上昇するようなものがあるなら、その分は差し引けます。
再使用速度に関しては、ソロ時でも100が望ましいです。苦しくても95以上は確保してください。
エンハンス系で向上させてるから・・・となると、エンハンスがないスペルはどうにもなりません。
そのお陰で、不必要にポイントを割いていることも考えられます。
できるだけ無駄なポイントを振ることなく、おいしいところへ振ることをおすすめします。

お試しキャラで一切戦闘してませんので、詳しい使い方やスペルオーダーなどは、全くわかりません。
苦情や文句はお断りしますw
長文におつきあいいただきまして、ありがとうございました。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。